美肌ケアというと、顔のお手入れのことを連想しますが、ボディのケアも忘れてはいけません。半袖など露出が増える夏に、お肌が乾燥していたり、冬になると粉がふいたような状態の体では、せっかくの顔のケアも台無しになってしまいます。

ボディの美肌ケアというと、顔に比べると何をしていいか分からないという人が意外と多いです。基本的には、顔と同じケアで構いませんが、顔に比べると面積が広いので、伸びがいいクリームを使うようにするなど工夫を取り入れましょう。まず、日頃ケアしていない状態ですと、お肌の表面に角質がたまっていることが考えられます。角質が厚くなっていると、せっかくケアしても成分が浸透していきません。そのため、スクラブなどでお肌を軽くこするようにして、余分な角質を落とすケアから始めましょう。角質が落ちるだけでも、お肌の色が明るくなります。

その後、美肌ケアに入りますが、保湿を重視して、ボディークリームやローションを使いましょう。お風呂上りのきれいな状態で塗るといいです。この時に、マッサージも一緒にすると、リンパの流れが改善して、むくみのケアも同時にできます。べたつきが気になるようであれば、夏はローション、冬はクリームといった具合に使い分けましょう。