数多くある美容成分の中でも、ヒアルロン酸は幅広い世代でよく知られており、人気もあります。もともとヒアルロン酸は体内に存在し、水分量を保ったり、クッションのような役目を担っています。関節や目の硝子体に多く存在し、健康維持に役立っていますが、肌の潤いを保つ働きがあることから、その美肌作用も注目されています。

ヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンと共に真皮に存在しています。ゼリー状をしており、弾力があるので、真皮を安定した状態に保つ働きがあります。真皮は肌の土台になる部分なので、真皮が安定していれば、美肌を維持することができます。

真皮にヒアルロン酸が十分にあれば、みずみずしく、ハリがある肌になります。ですが、年齢を重ねるごとに体内のヒアルロン酸の量は減少し、40代以降は大きく減少します。すると、肌は乾燥しやすくなり、ハリも失われるので、美肌と縁遠くなります。ヒアルロン酸は、化粧品では保湿成分として効果を発揮しますが、体内に摂取することで増やすこともできます。鶏の軟骨やフカヒレ、山芋やオクラなどに含まれていますが、食品から摂取するには分子量が大きいため、吸収されづらいという問題点があります。そのため、体内に取り入れるなら、低分子化やナノ化されたサプリメントがおすすめです。